スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯小説とか

 先日、書店で面白そうなコミックをみかけて購入したつもりだったのですが、帰宅して開いてみるとなんと漫画ではなく小説でビックリ!
表紙だけみたら少々大判の漫画にしか見えないし、小説だとわかる説明は表紙にも裏表紙にも書かれていないんです。
えええー、コミックのコーナーにあったのに、うそーん。

 内容はアマチュア小説家の携帯小説で、ネット上での評判が良くて書籍化されたもののようでした。
かなりビックリ、そしてガッカリ&腹立たしい気持ちだったのですが(苦笑)800円程払ったことだし、携帯小説って読んだことがなかったので、これも経験のうち・・・ということで読んでみました。

 ああ、でも・・・私には向いていませんでした、携帯小説。
以前、普通の作家さんが『携帯小説に挑戦してみたが、文体が独特なので最初は苦労した』みたいなことをインタビューで答えておられるのを読んだことがあり、そういう文体だと理解しつつも・・・やっぱり色々気になってしまったし、あまりにもライトだし。
 たぶん、そのまま携帯で(無料で)読んでいたら面白く読めたのかもしれない。
実際、二次創作の作品とか大好物ですからね。
・・・が、書籍になったものを購入してまで読むものではないなぁ・・・というのが、私の正直な感想でした。

 でも、最近はラノベが人気だし、電子書籍もどんどん出てるし、これからは小説もどんどん形を変えていくんでしょうね。
 今回は間違って買ってしまったものでしたが、いい経験をしたのかなー(笑)。
スポンサーサイト
プロフィール

彼方

Author:彼方

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。