スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Red and Blue

 ザ・ビートルズの通称「赤盤」「青盤」のリマスター盤が18日に発売されました♪
17年ぶり、世界同時発売。
ビートルズ解散後の1973年にレコードが発売されて大ヒット、そして1993年にCD化されて発売されたときも大ヒットしたそうで、今回も売れ行きは好調のようですね。
 この「赤盤」「青盤」はビートルズのバイブル(聖典)とよく言われますが、デビューから解散までの彼らの足跡が本当によくわかります。
今回、ひさしぶりに赤盤の1曲目「Love Me Do」から青盤の最後「The Long And Winding Road」まで続けて聴きましたが、だんだんと変わっていく様子がほんとうにわかりやすくて、ビートルズ入門編としてオススメのアルバムです。
特に日本人好みの曲も一番多く収録されていると言われますしね、どこかで聴いたことのある楽曲ばかりではないでしょうか。
 ビートルズを好きになるきっかけって、学校で習った曲だったり何かのCMで聴いたことがあったりして「あ、知ってる知ってる」から始まる、そんな気がします。
「Yesterday」「 All You Need Is Love」「 Hello Goodbye」「 Ob-La-Di Ob-La-Da」「Let It Be」などなど・・・きっとどこかで耳にしている曲があると思いますよ。
せっかくの「赤盤」「青盤」です、ぜひぜひ一度お試しを♪

ザ・ビートルズ日本オフィシャルサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

彼方

Author:彼方

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。